一生懸命やっているのに成果が出ないんです!

ネットビジネスの世界にいると毎日のように見かける言葉です・・・。

そしてこの質問への答えは大体決まっていて

  1. あなたの頑張りが足りない
  2. 頑張る方向性が間違っている

こういう回答になると思います^^;

 

頑張りの量に関してはまた別の機会に話すとして、今回は頑張る方向性。これについての話になります。

 

何故その選択をしたのか?

人は常に選択をして生きています。

信号が変わりそうな時に走るのか?待つのか?

シューマイにするか餃子にするか?

人は選択の結果をみるたびに一喜一憂し、その選択の結果として今のあなたが成り立っています。

もし良い結果が得られなければ「あの時ギョーザを選んでさえいればこんな結果にならなかったのに」と後悔することでしょう。

しかし何故その選択をしたのか?検証したことはありますか?

誰でも後悔したのなら、その選択が間違いだったことは学習します。

デートの後にキスをしようとしたら拒否された。

もう2度とデートで餃子は頼むまいと心に誓うでしょう。

しかしそれで次回のデートが成功するかといえば、そんなに上手くはいきません。

 

人は自分の都合の良い方を選ぶ

「あー腹減った。シュウマイより餃子だな。」

 

これは自分の食べたいものを選択した。ということです。

キスというゴールに目を向けていたら、この選択をしないでしょう。

彼女に目を向けていたのなら、彼女自身が口臭を気になってしまうかもしれないからニンニク抜きにするか提案してみるという選択もあったでしょう。

これは簡単なケースですね。自分の欲求ではなく目標や対象に合わせた選択をする必要があります。

 

では次のケースではどうでしょうか?

 

英語を学びたいと思い、A・Bどちらかの方法で学ぼうと思った。

A:アメリカ人とマンツーマンレッスン週5回のレッスンで月々3万円

B:毎日CDを聞くだけでみるみる上達!全10枚で1万円

 

あなたはどちらを買いますか?考えてみて下さい。

Aを選んだ人の理由は

やっぱり生で直接話せば耳も発音も良くなるから絶対イイに決まってる!

Bを選んだ人の理由は

聞くだけで覚えられるなんてお手軽!しかも安い!

 

こんなところでしょうか?

では選ばなかった理由はどうですか?

Aを選ばなかった理由

いきなり外人と話すなんて怖い。しかも高い。覚えられなかったら大損だ。

 

Bを選ばなかった理由

毎日CDを聞くだけとか眠くなりそう。そういうコツコツ系は無理。

 

ギクッ

 

と思ったあなた

 

都合の良い選択をしている可能性が高いですね。

Aのマンツーマンを選ばなかった人は、話す事をためらっていては上達は難しいですし、覚えられなかったら損だから安いほうにしようって考えの人はCDでも多分覚えられません。

出来なかったときに

「安いほうにしといて良かった」

とか言って安心しちゃいます。

BのCDを選ばなかった人は、語学なんて毎日触れてなんぼでしょう?コツコツやることから逃げていては中々上達しないです。結局マンツーマンレッスンも不定期になったり、復習や予習をおろそかにして身につかないです。

 

このように自分に足りないものを学ぶことを避けて、心地よいものを選ぼうとします。

だから結果に繋がらない選択をいつもしてしまうのです。

 

「うんうん」より「わかってない」と思うことの方が大事

もう一つ例を挙げます。セミナーや研修会、勉強会と言われるものに出たことありますか?無ければ書籍やブログ記事でもいいです。

そういうの聞いたり読んだりしていると

 

「うんうん。この人わかってるなあ♪」

 

って同調出来る内容と

 

「コイツ現場のことまったく分かってないな」

 

って否定的になってしまう内容があると思います。

 

そして、その後あなたが実践するのは同調出来た内容ですよね?

 

「そんなん当たり前やん」

 

って言うと思いますが同調できる内容って既に実践してませんか?

逆に否定的になることって、まったく出来ていないことじゃありませんか?

現状を変えたいのに既に実践出来ていることを改めてやって意味ありますか?

やるべきは今出来ていないことですよね?

でもしない。

聞き心地の良い、自分に都合の良い話しか選択しないからですよね?

 

まとめ

と、いう感じなんですが言いたいこと伝わりましたか?

僕自身、この選択を間違い続けていました。とくに副業や投資などのノウハウはこれがモロに効いてきます。

「簡単に」「誰でも」「全自動で」

こういう言葉がみんな大好きです。

でもね。

 

変わるべきは環境ではなく、行動であり選択です。

サビアンに関しても様々な勧誘をされている方がいますが、話を鵜呑みにして「今の自分でも、こんな私でも出来そう」ってだけで決めるのは危険です。

「ちょっと難しいかも」

「でもわたしの○○さえ変われば出来るかな?」

こんな風に思えるのでしたら、僕はその「○○」を変えるお手伝いを全力でしたいと思います。