SaiviLUXのカード発行始まっています

獲得しているタイトル順に対応が始まっています。ご自身が対象なのか分からない場合はとりあえずバックオフィスを開いてみてください。

SaiviLUX発行リンク

上記のように「SaiviPAY」→「SaiviLUX」とクリックしたページにApply for SaiviLux Cardとリンクが出ていればカードを発行することが出来るようです。

細かい手順はまた今度アップしますが、少し問題が発生して管理人はストップしています。

実質パスポートしか登録出来ない件

ページを進めていくと

「パスポートもしくはgovernmentIDを入力して下さい。」

と出てきます。

「governmentID」とは政府発行のID。一般的に国民番号と訳されるものです。政府発行のIDは運転免許証をはじめ日本には沢山あります。ニュアンス的にはマイナンバーが一番近いと思いますよね。というかそのために作られているはずの物です。まあ海外に通用するものでもないでしょうけど、このどちらかで良いかなと思いやってみました。

しかし

どちらも入力出来ませんでした。

英数字10桁までしか入力できません!

以前サビアンで同じような申請があったときには免許証が使えました。

なので今回もいけるはず!と思ったのですがやられました・・・。

 

しかし待っているだけでは状況が改善するか分かりません。

直接サビアン問合せしてみました。

下記の文面で送ってみました。

「I have a question about SaiviPay.I do not have a passport. There is no govementID in Japan. Driver”s license does not have enough digits. What should I do?」

送ってから”やらかしてる”ことに気が付きました^^;

  • 失敗1 SaiviLUXと書くつもりがSaiviPAYに
  • 失敗2 ×:govementID ○:governmentID

意味合い的には

「SaiviPAYについて質問があります。私はパスポートを持っていません。日本には国民番号がありません。運転免許証は桁数が足りません。どうしたら良いですか?」

と、言うつもりです。全部グーグル翻訳任せなんですけどね。言いたいことは分かってくれるはず。

そして

なんと1時間で返事が来ました。

米国時間で土曜日の朝6時なんですけど・・・。もしかして今はサポートはアジアの支社で対応なのかもしれませんね。

返事は以下のような感じです。

「With regards to your concern, as for update those are the available documents that you need to provide in completion at step four which is part of the application to proceed to other steps.But don’t worry will have to address this matter to look for a possible options other than to what is being required at this moment. Thanks!」

直訳したら意味が分からなかったので、英語に堪能なメンバーに尋ねました。

「この場合にどうしたら良いかをすぐにみんなに通達します。だって」

みんなってスタッフ?会員?

そこが良く分かりませんでしたが、対処はしてくれそうです。

 

と、いうわけで今日の教訓は

「待っているだけでは状況は改善しない。未来は切り開くもの」

ってことですね^^

 

また新しい情報が入りましたら報告します。